2013年01月05日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。今年も魔胎都市をよろしくお願いいたします!

冬コミではスペースまで来ていただいてありがとうございました。予想していない行列ができてしまいスタッフや周りの方々には大変ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。

ということで、冬コミで配布したペーパーをアップしておきます。相変わらず最強()ですが……
文章は続きを読むで!

ペーパー.jpg

「んぶぅううっ……こ、この……んぶ、んぼおぉぉっ!」

 ずる、ずるっ! 執拗に口唇を犯し続けてい触手を、必死に掴んで引っこ抜く。たっぷりと蒸れていた涎と、亀頭部分から漏れた精液が粘っこく交じり合い、可憐な唇にいやらしく糸を引いた。

「はぁ、はぁ、はぁ……っくぅ!? いやっ、ま、また胸……く、うううっ!」

 ようやく自由になった口で、必死に息を吸う。だが、咲耶には呼吸を整える暇さえ与えられなかった。間髪入れず、今度は蛇のような触手が大きく口を開け、これまでの乳辱めで赤く腫れ上がってしまって
いる勃起乳首にかぶりついてきたのだ。

(くぅっ……な、なんとしつこい! 先程からずっと……同じ所ばかり、何度も、何度も……!)

 罠にかかり触手にとらわれてから、もう何時間――いや、何日経過したかわからない。その間中ずっと、咲耶は休む間もなく淫魔に犯され続けていた。
 まったく飽きることも満足することもなく、ただひたすらに底なしの獣欲を叩きつけてくる――ある意味では、咲耶にとって最悪の相手だった。
 最強の退魔師の最大の弱点は、かつての調教によって開発しつくされた、快楽に逆らう事の出来ない従順すぎる豊満ボディなのだから。

(く、うぅっ! この妖魔……なんという性欲でしょう。まるで飢えた獣……これほど執拗に、延々と責め続けられては……!)

 知性の欠片も感じられない、いや思考という概念があるのかさえわからない淫魔だったが、それだけにその責めは獣的で激しく、なにより執拗。何日もの間延々と続く欲望を叩きつけられ、ありとあらゆる弱点を休む間もなく可愛がられ続けては、快楽に脆すぎる女体が耐えられるはずはないのだ。 

「くっ……こ、この! 離しなさい……ああぁっだめです、そ、そんなに胸ばかりしつこくされたら……はぁ、あっああっ!」

 じゅる、じゅるるるるっ! 蛇のような触手が大口を開き、たわわな巨乳を乳首からずっぽりと丸呑みにする。おぞましい肉舌が口内で蠢き、乳首をシゴかれながらじゅるじゅると激しく吸いまくられた。

「あはぁっ……だ、ダメぇ! 乳首は弱いのに、おっぱいは感じすぎてしまいますのに……ま、またそんなに強く……し、しつこく……うぅうぅっ!」

 これまで何十回も繰り返された、もうとっくにクセになってしまっている乳愛撫に、従順すぎる女体が耐えられるはずもなかった。大きく巨乳を揺らし、快楽の声をあげてしまう最強の退魔師。その隙を狙って再び掌内の触手が大きく蠢き、手袋をすり抜けてその太肉を再び口腔へと突き立てる。

「は……んぶぅうっ! いやぁ、ま、またお口……んむぅ、ん、んぶ……んんんっ!」

 とっさに左手に力を込めるも、触手妖魔の獣行は止まらない。さらにはもう一本の肉舌が顔面に押し付けられ、大量の唾液を塗りつけられながら頬を舐め上げられた。

「んあ……い、いやっ! か、顔は嫌です……こ、これ以上は許しませ……んぶぅう、ん、んぐぅぅうう〜!」

 女の命を犯される汚辱感に、思わず悲鳴を上げてしまう純真少女。だが、そんな乙女らしい純粋さなど妖魔にとっては何らの意味もない。
執拗に何度も何度もほっぺたを舐め上げられ、匂い立つ唾液をねっとりと塗りつけられて犯される。嫌悪感に竦んだ隙に触手が滑り込み、悲鳴を漏らす口腔は再び喉奥までもを肉詰めにされてしまった。

「んむぅうう……ん、んんっ! んぶ、んむぅうぅううっ〜!?」

 どぶ、どぶっどぶどぶどぶどぶ! もう何十回目繰り返されたかも分からない、口内へへの大量の射精。幾度射精してもまったく濃度を減じることのない媚薬混じりの精液の味は、嫌悪以上の甘美さで少女の口腔を支配する。

「はぁ……ん、んぶっ! はぁ、い、いや……んむ。こく、んむ……ん、んんんっ!」

 吐き出したいと心では思っても、身体がまるで言うことを聞いてくれない。喉にねっとりと絡みつく濃厚ミルクを嚥下するたび、身体がいっそう熱く、淫らに、従順になっていく――

(あぁ……だ、ダメです。このままでは……このまま続けられたら、わたしは、ま、また……!)

 ゾクゾクと駆け巡る、背徳混じりの堕落した快感の期待感。
 咲耶の淫獄は、終わること無く続く――。
posted by 竜胆 at 20:03| Comment(10) | TrackBack(0) | 同人
この記事へのコメント
うおおおおおおお
これは凄い、たまりませんねぇ
Posted by たこちき at 2013年01月05日 20:15
興奮しすぎて途中で書いてしまいました・・・

あけましておめでとうございます
今年も魔胎都市の続編を全裸待機して待ってます
あと、ささらの方も
Posted by たこちき at 2013年01月05日 20:16
これは良いものです!
竜胆さんのキャラの中で咲耶さんが一番好きです。
Posted by あむ at 2013年01月05日 22:00
先生!

真・魔胎都市! プレス版 委託販売!
ナイスでーす♂
Posted by (”Д”)四つ目 at 2013年01月06日 00:21
今回の咲耶さんも最高です!
夏のささら本も楽しみです^^

ちょっと質問なんですが、リーゼは本でもゲームでももう登場する予定は無いのでしょうか?
Posted by NPC at 2013年01月06日 22:29
ありがとうございます( ´ω`)
リーゼは今年中には何か発表できるかもです。
Posted by 竜胆 at 2013年01月08日 01:45
今回も良かったです
やっぱツリ目はいいですねえ
学園潜伏中は制服だったりするんでしょう?(゚∀゚)
Posted by しゃっきり at 2013年01月15日 22:15
つり目最高です( ´∀`)
基本制服で途中スク水やレオタードを挟んで今回の話になったんじゃないかと思います(二次ノベ展開)
Posted by 竜胆 at 2013年01月18日 16:17
もうたまりません。今回の咲耶さんもエロエロで大興奮です!!よろしければ、又黒井先生とのコンビで咲耶さんの新しい本と、こちらも黒井先生と一緒にリリカルなのはのシグナム本を書いて頂きたいです。どちらも爆乳・爆尻キャラですので是非読みたいです。どうかよろしくお願いします!!
Posted by P.N.バファローズファン at 2013年04月03日 14:42
今晩は残暑お見舞い申し上げます蒸し暑いです
テディショーツなんですか!?それではさようならおやすみなさい
Posted by 猫かつお at 2016年10月10日 21:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61243276

この記事へのトラックバック